名古屋市瑞穂区で小学生のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室ならキッズプログラミングアルゴへ。

TEL.052-882-1190

平日:16:00 - 20:00 土:13:00 - 20:00
日・祝定休

アルゴについて

子どもにプログラムの楽しさを味わって

子供たちはゲームを楽しく夢中になっていますがそれもOKです。
プログラミングも達成感を味わえる一種のゲームみたいなものです。
私は今までプログラムを作ってきましたが、ああしよう、こうしようと考えるのが楽しくなることがありました。

行き詰まるときもありますが、何とかやれてこれました。
こんなプログラムがあればと思い、マイコンやI/Oを読んでいると、今正に欲しいプログラムが掲載していることがよくありました。
世の中捨てたものではないとよく感じました。

自己紹介

代表 服部 眞次

1965年 日商3級珠算 日商2級簿記

1966年 全商2級珠算 全商1級簿記

1972年 第3種冷凍機械主任者

1972年 宅地建物取引主任者

1975年 第2級アマチュア無線技士

1976年 小売商検定3級販売士

1980年 MZ80K 購入組立BASIC を学習

     1300件のデータを10区に分ける
     1区ずつマシン語の領域に読み込んで操作(当時カセットテープ)

1981年5月 自営業の1300件の顧客データー カタカナで領収証を発行

以降  MZ80Bに漢字ROMをつけ漢字プリンターの無い時イメージで漢字を出力
中部地区では当自営業業界では一番最初(漢字で領収証を発行)
初期ザウルスに顧客データを移し持ち歩きを可能にした。
10区域に分けたことによる検索がスムーズになる(iPod touch)
領収証の控えにバーコード(2of5)をイメージとして印刷
連続用紙からページプリンターに変わるとき1ページ当たり4件を4つ置きにプリント

01.楽しみながら学べる

子どもたちにとって、物理的制約を受けずにイメージを表現できるのは、お絵描きや粘土遊びのように想像力をフル活用した遊びだと言えます。
「楽しく夢中になっていたら実は学べていた」が教育のあるべき姿だと思います。

02.将来の可能性を広げる

現在もなお新しい仕事が登場し、どんな仕事に就いてもITスキルが必要な時代になりました。
先の見えない社会において様々な仕事に役立つと考えられるプログラミングを学ぶことは、子供たちの将来の進学や職業選択の幅が広がります。

03.自分に自信を持てる

プログラミングは制作のプロセスが比較的短いので「できた!」という感覚がたくさん積み重なります。
この感覚を積み重ねることによって、子どもたちは自己肯定感を得ていきます。
プログラミング学習の世界では、学びを進める主導権は子どもにあるのです。

04.問題解決能力を養う

現代ではIT技術の発達により、次々に移り変わる状況に柔軟に対応しながら、自ら問題を設定して考え、判断し、答えを見出していく能力が求められていきます。
プログラミングは問題解決型の課題に積極的に取り組むことができる教育なのです。

05.論理的思考能力を養う

プログラミングとは"物事を整理すること"を身近に体験できるツールです。
物語やゲームを作るときも、人物、背景、展開など一つ一つ切り分けて整理し、論理的思考力は育まれていきます。

06.創造力を広げる

プログラミング学習では創造力をゲームやアプリ、Webコンテンツなどデジタルなモノづくりを通して養い、広げていくことができます。
プログラミング自体が新しいものを次から次へと生み出して共有していける学習環境となっています。